勉強する 問題を解く

教育の変遷

人差し指

従来、予備校や進学塾は一つの教室で大人数の生徒を前に一人の教師が教えるという一斉授業が一般的で、個別指導を希望するのであれば家庭教師もしくは地域にある小さな補習塾を利用するという傾向がありました。
しかし、それぞれの子どもの性格や習熟度、学習方法にあわせた教え方をすることの重要性が認識され、個別指導を専門とした塾や予備校が出来ました。
その後、現在では一斉授業をする有名予備校や塾が別部門として個別指導部門を設立し、一斉授業を受けながらその子どもが苦手とする教科や分野のみ集中的に個別指導し、その結果を共有し、子どもの成績を上げていくという体制が出来つつあります。
このような流れは学校だけでなく、予備校や塾を含めた教育界全体が子ども一人一人に目を向けようとする意識が向上している表れだと思います。
また子どもの全人格を成長させようという意気込みでもあるのではないでしょうか。

授業料価格

子供

塾や予備校は子ども達が教室に通い、多くの生徒を前に一人の先生が黒板を使いながら教える一斉形式のものが多いです。
一方、家庭教師は生徒宅を教師が訪問し、一対一で個別指導する形式をとります。
これらの中間をとるのが、個別指導の予備校や塾です。
教室に通うのは一斉授業型と同じですが、一人または二人の生徒を一人の教師が受け持ち、教師がその子ども達の間を移動しながら、それぞれ個別に指導します。
個別指導型のメリットは授業料価格に対する効果の高さが挙げられます。
家庭教師の場合、教師が生徒宅を訪れる為、移動に時間がかかり多くの授業を持てず、必然的に授業料は高くなります。
一方、個別指導型の塾は一斉授業型のものに比べると、一コマに受け持つ生徒数が少ないため、一斉型よりも授業料は高くなりますが、子ども達が教室に通ってくるため講師が連続して授業を受け持つことができ、その分、家庭教師より授業料は安くて済みます。
そして、個別に指導してもらえるため子どもの個性にあわせた授業を受けることができ、授業料に対する効果は高いと考えられます。

予備校塾の選び方

指

お子さんを塾、予備校に通わせるとき、集団か個別指導かで悩みます。
どちらが良いのかは通わせる子によって変わってきますし、双方メリット、デメリットがあります。
集団では積極的に質問や発言が出来、集中力がある子が向いています。
個別指導では、苦手分野のみ教わりたい、習熟度に合わせて進んで欲しい子に向いています。
また集団ではプロ講師がいることが多いうえに、比較的月謝が安いです。
それに対し個別指導は生徒に合った講師を選ぶことが出来、一人一人フォローをしてくれます。
最近では個別指導の塾や予備校が増えてきたように思いますが、集団塾もまだまだ根強い人気があります。
お子さんに合わせて選んであげることが重要でしょう。

個別指導について

勉強する

個別指導は多くの予備校や塾で取り入れられているサービスです。
一般的に集団授業の方が効率が良いため、集団授業を行うところは多いですが、そういった集団授業の教室では集中できない、集団授業にはついていくことができないために、個別に先生についてもらい教えてもらった方が良い生徒も少なくありません。
そんな生徒のために先生が1対1で教えることで細かいところでの指導ができたり、生徒一人一人に合わせた教え方で教えることができるため、集団授業ではカバーできないような教え方ができます。
予備校や塾によっては個別とは先生一人に対して生徒が二人の場合もあり、様々にあります。
基本的に集団授業に比べて効率が落ちるため、授業料が高いことが特徴であり、生徒の性格によって個別指導にするか集団指導にするかを決めることが重要です。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031